品格のあるまち川越へ!改革・清新・川合よしあきは責任を持って実行します。
川合よしあきブログ
  • HOME »
  • »
  • »
  • 昨年9月に、市の議会事務局職員が新井喜一議員にセクハラを受けたと公表した件を受けて、川越市では職員アンケートを実施し、実態を把握するとともに、庁内での再発防止、職場環境改善に向け研修を実施したり、セクハラ被害を通報相談する窓口を、庁内だけでなく外部の財団法人や市内の複数の弁護士に依頼するなどの対策を講じてきました。

昨年9月に、市の議会事務局職員が新井喜一議員にセクハラを受けたと公表した件を受けて、川越市では職員アンケートを実施し、実態を把握するとともに、庁内での再発防止、職場環境改善に向け研修を実施したり、セクハラ被害を通報相談する窓口を、庁内だけでなく外部の財団法人や市内の複数の弁護士に依頼するなどの対策を講じてきました。

昨年9月に、市の議会事務局職員が新井喜一議員にセクハラを受けたと公表した件を受けて、川越市では職員アンケートを実施し、実態を把握するとともに、庁内での再発防止、職場環境改善に向け研修を実施したり、セクハラ被害を通報相談する窓口を、庁内だけでなく外部の財団法人や市内の複数の弁護士に依頼するなどの対策を講じてきました。写真は、職員啓発のために作成した指針とハンドブックです。
議会も、第三者委員会の提言を受け、議員倫理条例制定に向け作業を進めているようです。
そんな中、昨日新井前議員が、セクハラ被害を訴えた職員を名誉棄損で訴えたという報道がありました。昨日のテレ玉の午後九時半からのニュースの冒頭で、新井前議員の記者会見の様子が映っていましたが、画面の中に渋谷実前県議会議員と行政調査新聞の関係者が映っていたのに驚きました。
新井前議員の今回の振るまい(逆提訴)にも大変驚くとともに落胆しています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 川合よしあき公式サイト All Rights Reserved.